ED治療薬にも服用方法を守らないと副作用がある

ED治療薬の副作用というのをご存知でしょうか?これはぜひとも知っておかなければならない重要な事柄と言っていいでしょう。今やED治療薬はネットで手軽に買うことが出来ますが、その危険性を知らなければ大変リスクある事柄なんですよ?

ED治療薬は偽物と本物の見分け方が難しい!

今の時代、男性の悩ましい問題の助けとなるED治療薬というものはネットなどで簡単に買う事が出来ます。しかしながらその販売されているものが本物であるか?といったことに注意を払う必要があるんです。

 

要するに偽物が出回っているということになります。これは悩める男性にとって由々しき問題であると言えます。ですから確実な情報を元に本物を見分ける眼というものが必要になってくるのと言えます。

 

ここでは、世間的に流通しているED治療薬の見極め方や、そんな偽物のもたらす副作用等について見ていきましょう。

インターネットで販売しているED治療薬は偽物が多い

男性としての自信に少しばかり不安を感じている人にも、今の時代手軽にそんな問題に対処できる治療薬を手軽に買える環境が整っています。インターネットなどで検索すれば様々な商品が売られています。

 

しかしながら、そういった商品の中には本物ばかりとは言えないという現実があります。パッケージはそれらしく見せてありますが、実際購入し化学分析にかけてみるとその内40%が偽造品であったというデータが有るほどです。

純正品の特徴

純正バイアグラの10錠のシートは裏側が日本語で記されている

それでは純正のED治療薬の特徴を知って、偽造品を買ってしまうといったことにならないよう、ED治療薬の先駆けとも言える『バイアグラ10錠』のケースを例にあげて説明していきましょう。

 

純正のバイアグラの場合は、箱から錠剤の包装されたシートを取り出し、その裏側を見ることで純正か偽造品かが分かります。この場合、その錠剤シートの裏側に日本語が書いてあれば純正ということが出来ます。

 

偽造品は外国語で表記されていますから、一目瞭然に判別できます。

偽造品の特徴

値段が安い

性に関して悩み多い男性にとってとてもありがたい効果が期待できるED治療薬ですが、不自然に安く売られている場合は偽物であるという警戒心をもつ必要があります。

 

ジェネリック品といった低価格が実現された製品というのはたしかにありますが、しかしこれも破格の安さということにはつながりません。人の悩んでいる症状に効くお薬ですからそれなりの市場の論理に見合った価格であるはずなんです。

 

あまりにも安いといった場合は偽造品の可能性を疑う必要があると言えます。安いということが得であるという感情は捨てて、適正な価格で安全なものを買うという意識を持ちましょう。

文面が英語

また、偽装品のもう一つの特徴的な点としてあげられるのが薬の説明や注意事項が英語で表記されている場合です。偽造品というのは海外で作られるケースが多く、先ほど上げましたバイアグラの例のように日本語以外の言語、特に英語表記のものは偽造品の可能性が高いと言えます。

有効成分を全く含まないもの、全く違った成分が含まれているもの

これは、成分分析が出来る施設などにしか確かめ様がないことなんですが、偽造品の薬においてはEDに効く有効成分が全く入ってないというケースが多いものです。そして表記されている成分とは全く違った成分が含まれているという場合が多いのも特徴と言えるでしょう。

偽造品を使用するのはリスクが大きい

不純物の混入により死亡する可能性がある

怖い話なんですが、偽造品には先ほど書きました有効成分以外のものがふくまれている場合ががあります。これは実はとても深刻な問題であり、時には死に至ってしまうという大きなリスクがあるものです。

このことからも偽造品を購入することの危険性がありありと伝わると思います。

意識障害が起こる可能性がある

先ほどの死亡にまで至るケースと関連するのですが有効成分以外の成分の混入によって意識障害に陥ってしまうケースが報告されています。必ずしも表記されている成分表が正しいと言った確証はありませんのでできるだけ正しい情報を得るよう心がけたいものです。

呼吸困難が起こる可能性がある

不純物の混入によって呼吸困難に至るといったケースも有ります。正しい用法で服用しても純正品ではない場合においては服用すること自体がリスクと言えます。

正しく情報を得て、リスクを回避

昔ならば考えられなかったことですが、最近では男性のED(勃起不全)の治療薬が手軽に購入できる大変便利な時代になりました。

 

しかしながら誤った情報を元にしてED治療薬を購入した場合、最悪死に至るという大変大きなリスクを伴うものと言えます。

 

しっかりとした理性と客観的な情報を元にして出来るだけ信頼のおける製品の購入をおすすめします。

 

本物、偽物を見分ける眼や安いからといって飛びつかない自制心をもってより良いセックスライフにしていきたいものですね?

 

ED治療薬は間違った飲み方で効果半減!?

男性の性欲増進剤として開発されたED治療薬ですが、飲み方を間違えると思うように効果が得られないこともあります。ではどうやって服用すれば効果的なのかはもちろん、服用することで得られる効果や副作用など、ED治療薬についてまとめました。

ED治療薬とは

ED治療薬にはどんな種類があるか知っていますか?一番良く知られているのはバイアグラではないでしょうか。他にもレビトラシアリスというものもあり、この3種類がED治療薬が主流になっています。

ここではバイアグラを中心に紹介していきます。

男性用に開発された性欲増進剤

男性の中には思うように勃起できないと悩んでいる方もいるでしょう。ED治療薬はそんな男性のために作られた、性欲増進剤のことを言います。ただし薬を飲むことで自然に勃起するわけではなく、刺激を受けることで勃起しやすくなるという薬です。そのため勃起を手助けする薬と考えるとスムーズですよね。

 

では女性が服用した場合効果があるのか、気になる人もいるでしょう。残念ながら女性の性感を向上させる効果がバイアグラにあるかどうかは確認できていません。女性が使う場合は女性用ED治療薬が販売されていますので、そちらを使うようにしてください。

 

またED治療を病院で行う場合基本的には保険適用外ですが、高血圧や糖尿病、男性更年期障害などの場合は保険が適用されることがあります。ED治療薬には通常の新薬以外にジェネリックもあるので、安く済ませたい人はジェネリックを使うのも一つの手ですよ。

 

ED治療薬の服用方法

食前に服用すると効果的

バイアグラには食事の影響を受けやすいと言われています。なぜなら満腹時に服用すると、有効成分が思うように吸収されず効果が出にくくなってしまうのです。そのため食前に服用するようにしましょう。どうしても食事をしなければいけない時は、軽めの食事をした後2時間程度あけてから服用してください。

レビトラやシアリスは比較的食事の影響は受けにくいと言われています。ただ空腹時の方が効果は出やすいので、できるだけ空腹時に飲むか、食べても軽食程度にしてくださいね。

性行為の1時間前に水で服用する

バイアグラを服用するタイミングですが、性交渉の1時間前が最も効果的と言われています。なぜなら服用後30分程度で効果が現れはじめ、服用から1時間程度でピークを迎えるからです。その後は少しずつ効果は下がっていき、服用から約5~6時間程度で効果は無くなります。バイアグラを服用するときは、水やぬるま湯で服用してください。特にグレープフルーツと一緒に飲むと薬の成分が中々体から抜けず、結果的に効果が強く出てしまうことがあります。効果が強く出るとその分副作用が出やすくなったり強く出たりすることがあるため、グレープジュースと一緒に服用するのは止めましょう。

 

ちなみにレビドラは性交渉の約1時間前に服用、効果は約5~10時間程度、

シアリスは性交渉の約3時間前に服用、効果は約24~36時間程度です。

こちらの2種類もグレープフルーツと一緒に服用すると効果が強く出ることがあるので、バイアグラ同様水などで飲むようにしてください。

ED治療薬の効果とは?

投与すると血管内の平滑筋が拡張し血流が増えて、勃起が起こる効果

そもそも勃起とは性的刺激を受けることで、環状グアノシン一リン酸という成分が分泌されます。この環状グアノシン一リン酸が陰茎の血管内にある「平滑筋」という部分が緩むことで、一気に陰茎に血が流れ込み勃起するというメカニズムです。

 

そのため環状グアノシン一リン酸の分泌がとても重要になるのですが、体内にはこの環状グアノシン一リン酸を分解してしまうPDE-5という物質が存在します。このPDE-5が環状グアノシン一リン酸を分解し、働きを弱めてしまうことでうまく平滑筋が拡張せず勃起しにくくなるのです。

そこでバイアグラの出番!

バイアグラの有効成分「クエン酸シルデナフィル」には、PDE-5の働きを妨害する働きがあります。PDE-5の働きを妨害することで環状グアノシン一リン酸が十分分泌されるので、平滑筋がしっかり拡張し勃起が正常に起こるようになるのです。

またレビドラやシアリスにも同様の効果が期待できます。

ED治療薬に副作用

ED治療薬にも少なからず副作用が存在します。基本的に副作用はバイアグラ・レビドラ・シアリス3種類とも多少の違いがあるのもののほとんど同じです。ではどんな副作用があるのか紹介していきましょう。

鼻粘膜の充血による鼻詰まり

ED治療薬を服用することで、鼻の血管も拡張し血の流れが良くなります。鼻の粘膜には多数の血管が通っているため、その血管たちが一気に広がることで鼻の穴が狭くなったり塞いでしまうことがあるのです。これが鼻詰まりの原因!

ただED治療薬がの効果が切れる頃には症状も徐々に治まって行くため、それほど心配する必要はありません。

消化管の充血による消化不良

消化不良もED治療薬の副作用の一つです。消化不良も鼻詰まりと同じく消化器官の血管が一気に拡張し充血することで起こります。そのためED治療薬服用後に胃痛・胸やけなどの症状が出た場合は、副作用で消化不良を起こしていると考えて良いでしょう。

また消化不良は、特に胃腸が弱い人に起こりやすい副作用になります。

血管拡張による顔のほてり・頭痛・めまい

一番多く報告されている副作用に、顔のほてり・頭痛・めまいがあります。ED治療薬を服用すると体全体の血流が良くなるため、血管が拡張されることで顔のほてりや頭痛といった症状が現れるのです。

また急激な血行促進は血圧の低下につながることから、めまいが起きやすくなります。

 

正しい飲み方でED治療薬の効果を最大限に引き出そう!

ED治療薬はただ飲めば良いという訳ではありません。きちんと飲み方を守ってこそ効果を発揮するのです。また種類によっては若干飲み方の違いなどがあります。そのため自分がどの薬を飲んでいるのかしっかり確認し、正しく服用して最大限効果を引き出しましょう。

 

楽しい性生活を送れる女性用のジェネリック医薬品とは!?

ED治療薬には、女性用のジェネリック医薬品があるのを知っていますか?女性も性に関する悩みを抱えている人は多いですよね。そんな悩める女性たちの救世主的存在!そこで今回女性用ジェネリック医薬品の効果や正しい飲み方、副作用などをまとめました。

ジェネリック医薬品とはなにか

新薬と同等と認められた低価格な薬

「ジェネリック」という言葉を聞いたことはあるけれどはっきりとは知らない、そんな人も多いのではないでしょうか。

そもそも新薬(新しい薬)が開発されると特許を取得することで、20~25年は開発した会社が独占して製造・販売することができます。しかし特許が切れると新薬と同じ成分、同じ効き目の薬を他の会社も製造や販売できるようになるのです。

この新薬と同じ成分で同じ効き目の薬こそ「ジェネリック」

通常新薬を開発するには10~15年程度、約数百億円かかると言われていますが、ジェネリックはすでに安全性などが確立されているため、少ない開発費と期間で薬を作ることができます。

その結果低価格で薬を販売することができるため、今注目の薬と言えるでしょう。

女性用ジェネリック医薬品の使用方法について

空腹時の服用がおすすめ

女性用ジェネリック医薬品を飲む時は、食前の空腹時に服用します。実は女性用ジェネリック医薬品は、食事やアルコールなどの影響を受けやすいといった特徴があるのです。特に満腹時や脂っこい食事、アルコールを取った後は有効成分が十分に吸収されないことから、効果が半減してしまう場合もあります。

万が一食事をしてしまった場合は最低でも2時間以上、脂っこい食事をした時は3時間以上空けてから服用するようにしましょう。

性行為の約1時間前に水またはぬるま湯で服用する

女性用ジェネリック医薬品は、服用してから約30分~1時間程度で効果が出てきます。特に感度を上げるためには、行為を行う1時間前に飲むのが理想的です。

そのため行為を行う1時間前に、水やぬるま湯で飲むようにしましょう。

ちなみにグレープフルーツで飲むと、効果が半減してしまうため注意してください。

1日100mgを上限として、次回の服用までに24時間以上は空けるようにする

女性用ジェネリック医薬品は1日100mgまで、1度飲んだ後は24時間以上空けることが原則です。それ以上飲むと、何らかの副作用が出てしまうこともあるので必ず守ってくださいね。

また薬の効果は5~6時間程度で、その間であれば何度でも性行為を楽しむことができます。1錠100mgあるのですが、多いと感じる場合は半分や1/4に切って服用してもOKでし。ただし服用量が少なくても、一度飲むと24時間以上空けないといけないのでその点は注意してください。

 

どんな効果があるの?

男性のバイアグラ同様に血流促進作用がある

女性用も男性用のバイアグラと同じく、血管を拡張して血行を良くしてくれるシルデナフィルという成分が含まれています。そのため女性器への感度を高め、膣に潤いを与えてくれるのです。また体全体の血行が良くなることで、性的興奮作用がより活発に働きます。

不感症やオーガズム不全を改善する

男性との行為のとき、「あまり感じない」「痛みすらある」と感じる女性は意外と多いです。実はそれ、不感症やオーガズム不全の可能性があります。

女性用ジェネリック医薬品にはそんな不快な症状の原因の一つ、PDE-5の働きを阻害し、クリトリスなど女性器周辺の血流を増加してくれる働きがあります。

そのため不感症やオーガズム不全の女性にも、効果が期待できる薬と言えるでしょう。

 

女性用ジェネリック医薬品の副作用はあるの?

頭痛、ほてり、鼻づまり、めまい、動悸

薬を服用するとき、やはり気になるのは副作用ですよね。ではどんな副作用があるのかというと、頭痛・ほてり・鼻づまり・めまい・動悸・消化不良などです。

それ以外にも稀に、下痢・不眠・血圧低下・視力の異常などが現れることもあるので、あまり副作用が強く出る場合は服用を止め、医師に相談することをおすすめします。

また妊娠中の人や18歳未満の人は服用を控えてください。

女性用ジェネリック医薬品との併用が危ないもの

アルコールやカフェインと相性が悪い

女性用ジェネリック医薬品を服用するときは、アルコールやカフェインは相性が良くないので避けた方が良いです。なぜならジェネリック医薬品はアルコールに弱く、持続時間が減少するなど十分な効果が得られません。

またカフェインには血中濃度を上昇させる働きがあるため、薬の効き目が強く出過ぎる可能性があります。薬の効き目が強く出ると、副作用が出やすくなったり強く出てしまう可能性も十分考えられるからです。

ニトログリセリンなどの硝酸剤・不整脈に使用されるアンカロン錠

女性用ジェネリック医薬品と一緒に飲むことで体に悪影響をもたらすものがあり、一緒に飲むことを禁止している併用禁止薬があります。ではどんな併用禁止薬にはどんな薬があるのかというと、「ニトログリセリンなどの硝酸剤」「不整脈に使用されるアンカロン錠」です。

これらの薬を服用している人は体に危険を及ぼすことがあるため、ジェネリック医薬品の服用は避けてください。

女性用ジェネリック医薬品を正しく服用して性生活を楽しもう!

女性用ジェネリック医薬品は低価格で手に入るうえ、正しく使うことでより安全に性生活を楽しむことができる魅力的な薬です。しかし服用方法を間違えると、効果が半減したりでないどころか、体に悪影響をもたらすこともあります。そのため服用方法をしっかり守って、性生活を楽しみましょう。