レビトラのジェネリックはED治療薬のなかで一番の速効性がある

レビトラを入手する場合には、安価な価格で購入できるジェネリックがおすすめです。ED治療薬としてバイアグラの次に販売されたのがレビトラです。レビトラはききめが早いことで知られており、服用時の食事制限なども緩和され、高い効果に定評があります。

レビトラジェネリックは一番の速効性がある?

レビトラが選ばれる理由で最も多いのが、服用した後での速効性にあります。

 

日本においては、世界初のED治療薬として発売されたバイアグラと比べて、レビトラの知名度は高くないようですが、レビトラはそのバイアグラの問題点を改善するかたちでつくられた治療薬となっています。

 

ファイザー社が開発したバイアグラが優れたED治療薬であるのは間違いありません。しかし、服用後にききめが出てくるのが約1時間と比較的遅いことや、服用の約2時間前からは食事を取らずに空腹でなければならないことなど、実際に使用する人にとって、注意しなければならない事項が存在します。

 

レビトラは、その成分が水に溶けやすい性質を持っていることから、速効性に定評があります。服用してから効果が出てくるまで、個人によってばらつきは見られますが、平均で15~20分程度となっています。

 

前述した通り、バイアグラを服用してききめが現れるのが約1時間ですから、レビトラの速効性は圧倒的に高いといえるでしょう。ED治療薬が各種発売されているなかで、レビトラの速効性はトップクラスとなっています。

 

また、レビトラが優れている点は、バイアグラのような食事制限がないことにあります。バイアグラが、服用時に空腹でなければ効果が薄まる傾向があるのに対して、レビトラは服用時に空腹である必要がありません。

 

レビトラにも、服用前後に脂質の多い食べ物などを多く摂取すると効果が抑制されるといったことがありますが、体に吸収される時間が短いため、服用時とその後15~20分間、通常の食事程度におさえておけば、十分に効果が期待できます。

レビトラとはなにか

ED治療薬

世界的に利用されているED治療薬のうち、とくに有名なものは、バイアグラ、シアリス、そしてレビトラになります。

 

レビトラは、ドイツのバイエル社によってバイアグラのすぐ後に開発・販売されたED治療薬となっており、バイアグラの不足した部分を補う点が評価されたため、多くの利用者を獲得しています。

 

レビトラには、5ミリグラム、10ミリグラム、20ミリグラムの3種類の錠剤があります。病院などで処方してもらえる純正品ですと、レビトラ1錠につき、5ミリグラムが約1,200円、10ミリグラムが約1,500円、20ミリグラムが約1,800円で購入できます。

 

後述しますが、ジェネリック医薬品ですと、純正品と比べて最大1割ほどの値段で購入することもできます。

 

純正品、ジェネリックともに、大きいサイズの錠剤で購入した方が、価格的にお得ですので、例えば20ミリグラムのレビトラを購入し、ピルカッターで半分にして使用することなどがおすすめです。

 

媚薬ではない

なお、レビトラは媚薬ではありませんので、服用しただけで勃起するようなことはありません。性的な刺激や興奮によって、勃起するのを手助けする医薬品となっています。

レビトラの効果ってなに?

勃起する力を手助けする

レビトラはED治療薬ですので、男性の勃起不全や勃起障害に効果があります。

 

勃起とは、陰茎内部の海綿体に血液が集まり、圧力が上昇することでおこります。しかし、心理的要因や肉体的要因のため、勃起が不十分であったり、いわゆる「中折れ」と呼ばれる、勃起はするのですが持続することができなかったりすることで悩んでいる男性が多くいます。

 

レビトラは、勃起状態を止めてしまうホスホジエステラーゼ5(PDE-5)を阻害し、性的な刺激や興奮した時に分泌され、血管を拡張して血流を良くするサイクリックGMPの分解を防ぎます。

つまり、レビトラには、海綿体への血液流入を増加させることで、勃起不全や勃起障害を改善する効果があります。あくまで勃起を手助けする効果を持つのがレビトラですので、服用しただけで性的な刺激や興奮もないのに勃起するといったことはありません。

 

速効性が高い

また、レビトラにはバルデナフィルという有効成分が主に用いられています。バルデナフィルは水に溶けやすいため、服用後の速効性が高いことが特徴です。

 

さらには、前述したように、先に発売されたバイアグラと比べ、食事制限が緩和されました。

 

そして服用後の効果時間ですが、バイアグラが5時間程度なのに対して、レビトラは5~10時間と持続時間が長いという利点があります(効果時間が10時間程度続くのは、レビトラの20ミリグラム錠剤を服用した場合です。)

ジェネリック医薬品とはなにか

近年では、ジェネリック医薬品というものがずいぶん一般的になったように思われますが、念のためジェネリックについて簡単に説明しておきます。

 

ジェネリックは、まず価格が安いということが挙げられます。

 

製造メーカーは、1つの新薬を開発するために費用、時間、労力を傾けます。当然ながらメーカーは薬にかけた費用を回収するため、他のメーカーに真似されないように特許を取得し、そのコストに見合った価格をつけて売り出します。

 

しかしながら、この特許期間というものは、発売から約20~25年を経ると自動的に終了します。その結果、他のメーカーもその薬を製造し売り出すことが可能となります。

 

このように特許期間が切れた薬に関して、その薬を開発したメーカーの商品価格よりも安く売り出されているのがジェネリック医薬品です。

 

ところが、ED治療薬レビトラの特許はまだ終了していません。では、なぜレビトラのジェネリック医薬品が発売されているのでしょうか?

 

その理由は、特許に関する国ごとの法律の違いが挙げられます。ジェネリック医薬品の製造で有名なのはインドですが、インドでは新薬の特許においてそのつくり方(「製法特許」と呼ばれる)についての特許は認めていますが、その薬の成分についての特許(「物質特許」)は認めていません。

 

日本においては、これら「製法特許」に加えて「物質特許」も認められているため、特許が終了していない新薬に関してはその製造ができません。

 

一方で、インドでは、「物質特許」が認められていないので、薬に同じ成分が使われていても、その製法に違いがあれば、薬の製造や販売を行えるのです。

 

そのため、純正品と成分がほとんど同じで、効果も十分に期待できるジェネリック医薬品を入手することができるのです。

 

ただ、レビトラジェネリックを日本で入手するためには、通信販売での購入が一般的ですが、偽物も多く出回っており、また偽物ではなく純正品と同じ成分が使用されていたとしても、製造過程で不純物が混入されているなどの理由で、頭痛などの副作用が重く出る場合があるので、注意が必要です。

レビトラの副作用ってなに?

レビトラに限らず、すべての薬には副作用がありますが、とくにレビトラ服用後に見られる副作用について挙げていきます。

 

ただ、副作用は個人差が相当にあるといわれています。また、服用の量が多いと副作用の危険性が増すということもあるようです。服用後に明らかな異常を感じた場合、副作用リストに項目がなかったとしても、病院の診察を受けることをおすすめします。

 

レビトラの副作用として比較的多いものに、頭痛、顔のほてり、鼻づまりなどが挙げられます。

 

レビトラには、血管の拡張を促し血流を良くする効果がありますが、この効果は海綿体のみに留まらず、体全体に現れます。その結果、血管が拡張することで、頭痛などの症状が引き起こされるのです。

 

また、視神経に関連した部分の異常も確認されています。目の充血、日光がいつもよりまぶしく感じられる、視界が青みがかっているようになるなどの症状が挙げられます。

 

これらの症状は、すぐに消えることもあれば、さらにひどい状態になることもあるため、状態を見極めながら視力が低下するといった明らかな異常を感じた場合には、すぐに病院で相談するようにしてください。

実際に使った人の口コミ

若返りました。自分の持ち物が元気に成り若い頃より大きく成った気がします。また追加お願いします。

(引用元:お薬なび.com

 

食事の影響を受けにくいのと、長時間効果が持続するのが良いですね♪コスパも最高〜です♪

(引用元:idrugstore.jp

 

期待通りの効果を得ることができました。

50代後半ですが、半分量で十分のようです。

服用後鼻が詰まるのが気になりますが、鼻づまり解消のスプレーで乗り切っています。

一緒に買ったピルカッターがとても便利です。

(引用元:idrugstore.jp

レビトラジェネリックはED治療薬として利用者のニーズに合っている

これまでレビトラジェネリックについて解説してきましたが、レビトラジェネリックは他のED治療薬に比べて速効性が高く、また服用時の食事制限が緩和され、持続時間も長いという利点があります。

 

レビトラジェネリックは、利用者のニーズに合った、非常にバランスの良いED治療薬といえるでしょう。

 

勃起不全や勃起障害でお悩みの男性は、まず価格の安いレビトラジェネリックを取り寄せて、是非一度試してみることをおすすめします。