ED治療薬は間違った飲み方で効果半減!?

男性の性欲増進剤として開発されたED治療薬ですが、飲み方を間違えると思うように効果が得られないこともあります。ではどうやって服用すれば効果的なのかはもちろん、服用することで得られる効果や副作用など、ED治療薬についてまとめました。

ED治療薬とは

ED治療薬にはどんな種類があるか知っていますか?一番良く知られているのはバイアグラではないでしょうか。他にもレビトラシアリスというものもあり、この3種類がED治療薬が主流になっています。

ここではバイアグラを中心に紹介していきます。

男性用に開発された性欲増進剤

男性の中には思うように勃起できないと悩んでいる方もいるでしょう。ED治療薬はそんな男性のために作られた、性欲増進剤のことを言います。ただし薬を飲むことで自然に勃起するわけではなく、刺激を受けることで勃起しやすくなるという薬です。そのため勃起を手助けする薬と考えるとスムーズですよね。

 

では女性が服用した場合効果があるのか、気になる人もいるでしょう。残念ながら女性の性感を向上させる効果がバイアグラにあるかどうかは確認できていません。女性が使う場合は女性用ED治療薬が販売されていますので、そちらを使うようにしてください。

 

またED治療を病院で行う場合基本的には保険適用外ですが、高血圧や糖尿病、男性更年期障害などの場合は保険が適用されることがあります。ED治療薬には通常の新薬以外にジェネリックもあるので、安く済ませたい人はジェネリックを使うのも一つの手ですよ。

 

ED治療薬の服用方法

食前に服用すると効果的

バイアグラには食事の影響を受けやすいと言われています。なぜなら満腹時に服用すると、有効成分が思うように吸収されず効果が出にくくなってしまうのです。そのため食前に服用するようにしましょう。どうしても食事をしなければいけない時は、軽めの食事をした後2時間程度あけてから服用してください。

レビトラやシアリスは比較的食事の影響は受けにくいと言われています。ただ空腹時の方が効果は出やすいので、できるだけ空腹時に飲むか、食べても軽食程度にしてくださいね。

性行為の1時間前に水で服用する

バイアグラを服用するタイミングですが、性交渉の1時間前が最も効果的と言われています。なぜなら服用後30分程度で効果が現れはじめ、服用から1時間程度でピークを迎えるからです。その後は少しずつ効果は下がっていき、服用から約5~6時間程度で効果は無くなります。バイアグラを服用するときは、水やぬるま湯で服用してください。特にグレープフルーツと一緒に飲むと薬の成分が中々体から抜けず、結果的に効果が強く出てしまうことがあります。効果が強く出るとその分副作用が出やすくなったり強く出たりすることがあるため、グレープジュースと一緒に服用するのは止めましょう。

 

ちなみにレビドラは性交渉の約1時間前に服用、効果は約5~10時間程度、

シアリスは性交渉の約3時間前に服用、効果は約24~36時間程度です。

こちらの2種類もグレープフルーツと一緒に服用すると効果が強く出ることがあるので、バイアグラ同様水などで飲むようにしてください。

ED治療薬の効果とは?

投与すると血管内の平滑筋が拡張し血流が増えて、勃起が起こる効果

そもそも勃起とは性的刺激を受けることで、環状グアノシン一リン酸という成分が分泌されます。この環状グアノシン一リン酸が陰茎の血管内にある「平滑筋」という部分が緩むことで、一気に陰茎に血が流れ込み勃起するというメカニズムです。

 

そのため環状グアノシン一リン酸の分泌がとても重要になるのですが、体内にはこの環状グアノシン一リン酸を分解してしまうPDE-5という物質が存在します。このPDE-5が環状グアノシン一リン酸を分解し、働きを弱めてしまうことでうまく平滑筋が拡張せず勃起しにくくなるのです。

そこでバイアグラの出番!

バイアグラの有効成分「クエン酸シルデナフィル」には、PDE-5の働きを妨害する働きがあります。PDE-5の働きを妨害することで環状グアノシン一リン酸が十分分泌されるので、平滑筋がしっかり拡張し勃起が正常に起こるようになるのです。

またレビドラやシアリスにも同様の効果が期待できます。

ED治療薬に副作用

ED治療薬にも少なからず副作用が存在します。基本的に副作用はバイアグラ・レビドラ・シアリス3種類とも多少の違いがあるのもののほとんど同じです。ではどんな副作用があるのか紹介していきましょう。

鼻粘膜の充血による鼻詰まり

ED治療薬を服用することで、鼻の血管も拡張し血の流れが良くなります。鼻の粘膜には多数の血管が通っているため、その血管たちが一気に広がることで鼻の穴が狭くなったり塞いでしまうことがあるのです。これが鼻詰まりの原因!

ただED治療薬がの効果が切れる頃には症状も徐々に治まって行くため、それほど心配する必要はありません。

消化管の充血による消化不良

消化不良もED治療薬の副作用の一つです。消化不良も鼻詰まりと同じく消化器官の血管が一気に拡張し充血することで起こります。そのためED治療薬服用後に胃痛・胸やけなどの症状が出た場合は、副作用で消化不良を起こしていると考えて良いでしょう。

また消化不良は、特に胃腸が弱い人に起こりやすい副作用になります。

血管拡張による顔のほてり・頭痛・めまい

一番多く報告されている副作用に、顔のほてり・頭痛・めまいがあります。ED治療薬を服用すると体全体の血流が良くなるため、血管が拡張されることで顔のほてりや頭痛といった症状が現れるのです。

また急激な血行促進は血圧の低下につながることから、めまいが起きやすくなります。

 

正しい飲み方でED治療薬の効果を最大限に引き出そう!

ED治療薬はただ飲めば良いという訳ではありません。きちんと飲み方を守ってこそ効果を発揮するのです。また種類によっては若干飲み方の違いなどがあります。そのため自分がどの薬を飲んでいるのかしっかり確認し、正しく服用して最大限効果を引き出しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です