楽しい性生活を送れる女性用のジェネリック医薬品とは!?

ED治療薬には、女性用のジェネリック医薬品があるのを知っていますか?女性も性に関する悩みを抱えている人は多いですよね。そんな悩める女性たちの救世主的存在!そこで今回女性用ジェネリック医薬品の効果や正しい飲み方、副作用などをまとめました。

ジェネリック医薬品とはなにか

新薬と同等と認められた低価格な薬

「ジェネリック」という言葉を聞いたことはあるけれどはっきりとは知らない、そんな人も多いのではないでしょうか。

そもそも新薬(新しい薬)が開発されると特許を取得することで、20~25年は開発した会社が独占して製造・販売することができます。しかし特許が切れると新薬と同じ成分、同じ効き目の薬を他の会社も製造や販売できるようになるのです。

この新薬と同じ成分で同じ効き目の薬こそ「ジェネリック」

通常新薬を開発するには10~15年程度、約数百億円かかると言われていますが、ジェネリックはすでに安全性などが確立されているため、少ない開発費と期間で薬を作ることができます。

その結果低価格で薬を販売することができるため、今注目の薬と言えるでしょう。

女性用ジェネリック医薬品の使用方法について

空腹時の服用がおすすめ

女性用ジェネリック医薬品を飲む時は、食前の空腹時に服用します。実は女性用ジェネリック医薬品は、食事やアルコールなどの影響を受けやすいといった特徴があるのです。特に満腹時や脂っこい食事、アルコールを取った後は有効成分が十分に吸収されないことから、効果が半減してしまう場合もあります。

万が一食事をしてしまった場合は最低でも2時間以上、脂っこい食事をした時は3時間以上空けてから服用するようにしましょう。

性行為の約1時間前に水またはぬるま湯で服用する

女性用ジェネリック医薬品は、服用してから約30分~1時間程度で効果が出てきます。特に感度を上げるためには、行為を行う1時間前に飲むのが理想的です。

そのため行為を行う1時間前に、水やぬるま湯で飲むようにしましょう。

ちなみにグレープフルーツで飲むと、効果が半減してしまうため注意してください。

1日100mgを上限として、次回の服用までに24時間以上は空けるようにする

女性用ジェネリック医薬品は1日100mgまで、1度飲んだ後は24時間以上空けることが原則です。それ以上飲むと、何らかの副作用が出てしまうこともあるので必ず守ってくださいね。

また薬の効果は5~6時間程度で、その間であれば何度でも性行為を楽しむことができます。1錠100mgあるのですが、多いと感じる場合は半分や1/4に切って服用してもOKでし。ただし服用量が少なくても、一度飲むと24時間以上空けないといけないのでその点は注意してください。

 

どんな効果があるの?

男性のバイアグラ同様に血流促進作用がある

女性用も男性用のバイアグラと同じく、血管を拡張して血行を良くしてくれるシルデナフィルという成分が含まれています。そのため女性器への感度を高め、膣に潤いを与えてくれるのです。また体全体の血行が良くなることで、性的興奮作用がより活発に働きます。

不感症やオーガズム不全を改善する

男性との行為のとき、「あまり感じない」「痛みすらある」と感じる女性は意外と多いです。実はそれ、不感症やオーガズム不全の可能性があります。

女性用ジェネリック医薬品にはそんな不快な症状の原因の一つ、PDE-5の働きを阻害し、クリトリスなど女性器周辺の血流を増加してくれる働きがあります。

そのため不感症やオーガズム不全の女性にも、効果が期待できる薬と言えるでしょう。

 

女性用ジェネリック医薬品の副作用はあるの?

頭痛、ほてり、鼻づまり、めまい、動悸

薬を服用するとき、やはり気になるのは副作用ですよね。ではどんな副作用があるのかというと、頭痛・ほてり・鼻づまり・めまい・動悸・消化不良などです。

それ以外にも稀に、下痢・不眠・血圧低下・視力の異常などが現れることもあるので、あまり副作用が強く出る場合は服用を止め、医師に相談することをおすすめします。

また妊娠中の人や18歳未満の人は服用を控えてください。

女性用ジェネリック医薬品との併用が危ないもの

アルコールやカフェインと相性が悪い

女性用ジェネリック医薬品を服用するときは、アルコールやカフェインは相性が良くないので避けた方が良いです。なぜならジェネリック医薬品はアルコールに弱く、持続時間が減少するなど十分な効果が得られません。

またカフェインには血中濃度を上昇させる働きがあるため、薬の効き目が強く出過ぎる可能性があります。薬の効き目が強く出ると、副作用が出やすくなったり強く出てしまう可能性も十分考えられるからです。

ニトログリセリンなどの硝酸剤・不整脈に使用されるアンカロン錠

女性用ジェネリック医薬品と一緒に飲むことで体に悪影響をもたらすものがあり、一緒に飲むことを禁止している併用禁止薬があります。ではどんな併用禁止薬にはどんな薬があるのかというと、「ニトログリセリンなどの硝酸剤」「不整脈に使用されるアンカロン錠」です。

これらの薬を服用している人は体に危険を及ぼすことがあるため、ジェネリック医薬品の服用は避けてください。

女性用ジェネリック医薬品を正しく服用して性生活を楽しもう!

女性用ジェネリック医薬品は低価格で手に入るうえ、正しく使うことでより安全に性生活を楽しむことができる魅力的な薬です。しかし服用方法を間違えると、効果が半減したりでないどころか、体に悪影響をもたらすこともあります。そのため服用方法をしっかり守って、性生活を楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です