30歳でもEDになる!セルフチェックで自分を知ろう!

30歳でEDチェックをしたら意外にもEDだった!近年は若くてもEDになる人が多いと言われています。若いから問題ないと言われていたのは過去の話、実は深刻な問題として、多くの人が悩んでいるのです。

なりたくないからこそEDについて知ろう

自分は関係ないと思っている男性も多いのではないでしょうか?しかし男性なら誰しもが起こりうる問題、それがED「勃起機能低下」です。1度なってしまうと、なかなか人には相談できないものです。EDになりたくないからこそ、予防のためにもEDについてしっかりとした知識を持っていたいものです。

EDって何?

EDという言葉はなんとなく理解できているけど、なぜ起こるのかどんな症状をさすのか詳しくは知らないという人も多いのではないでしょうか?EDとはどんなものなのか詳しく見ていきましょう。

EDとは勃起障害の事

EDは勃起機能低下と言われ、多くの人が全く勃起をしない状態だと勘違いしていますが、実はそうではないのです。勃起をするまでかなり時間がかかる、勃起をする時としない時がある、性行為に自身が持てないなどその症状は人によって違います。

 

EDは男性性機能障害のひとつなのです。このために満足のいく性行為が出来ないという人が多くいるのです。中には性欲は今まで通りあるのに勃起しないという人もいます。

血管に障害がある事が原因

正常な勃起は、性的な刺激を脳がキャッチし神経を通して陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)にある動脈を広げます。すると広がった血管に多くの血液が流れ勃起をおこす仕組みです。

 

しかし動脈硬化などの血液が硬くなり流れにくくなっている状態だと、陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)の動脈は広がることが出来ない為、勃起が出来ない状態になってしまいます。

 

EDの原因で多いのは生活習慣病による糖尿病、高血圧などの血管が障害をおこすものです。生活習慣が乱れてEDになってしまった人は、生活習慣病になっている可能性が高いと言えます。

ストレスも原因

近年、若年層にもEDが増えた原因はストレスにあると言われています。ストレスと言ってもその種類は大きく2つに分けられます

現実心因

多くの人はこの現実心因が原因です。 日常生活で受けたストレスが引き金になってEDになってしまっている状態です。仕事で上手くいっていない、パートナーと上手くいっていないなど思い当たるストレスがある場合は、ストレスを解消することでEDも自然と改善するでしょう。

深層心因

そして、小さい時からの経験やトラウマによるものです。子供のころからの欲求不満、愛情不足、性的コンプレックスなど自分では原因を特定できない場合が多く、治療にも時間がかかるケースです。

30歳でもEDになるの?

若年層からのEDが増えていると述べましたが、30歳ではどうでしょう?男性としては性欲も旺盛で体力もある年齢です。

30歳のEDも増えている

実は今30代でのEDは増加の傾向にあります。多くの30代の男性は朝立ちの減少を経験しています。これはEDの兆候ともいえる現象で、週に1回もしくは2回程しか朝立ちをしない男性が増えているのです。

 

昔と比べ食べ物や生活も豊かになったはずの今、なぜ30代という若さで男性はEDになってしまうのでしょうか?

精神的な場合が多い

30代男性がEDになる原因で1番多いのは精神的なストレスによるものです。ストレスを感じていると脳が正常に判断を下すことができずEDが起こりやすくなります。

 

30代に多いストレスは、結婚後の子供をつくるプレッシャーが原因のものです。妻の排卵日が大きなストレスに感じるという男性は少なくありません。また過去の性交渉の時に上手くいできなかった経験が元で、また失敗してしまうのではないかとストレスを感じる人もいます。

セルフチェックはこれ

自分がEDであるかセルフチャックを行い確認してみましょう。もしいくつか当てはまるものがあればEDである確率が高く、改善のためには病院などに相談したほうがよいでしょう。

EDセルフチェック

  1. 10回に2回性交が上手くいかない事がある
  2. 肥満傾向にある
  3. 血糖値が高め
  4. スポーツタイプの自転車によく乗る
  5. ストレスをかかえている
  6. タバコをよく吸う
  7. 朝立ちをあまりしなくなった
  8. 落ち込む日が増えた
  9. お酒は毎日飲む
  10. 外食が多い
  11. 抗うつ剤や精神安定剤を飲んでいる
  12. 妻だと立たない

改善方法はある?

人には相談しにくいEDの悩みですがEDの改善方法はあるのでしょうか?

病院に相談

ED改善の近道は専門の病院に相談することです。しっかりしたカウンセリングを受け治療方法を探していきます。多くの場合「「心理療法」によってストレスを改善していきます。中にはホルモン治療や血管の外科的手術を行う場合もあります。

食事療法

食事は健康な体と心をつくる基礎です。外食で脂肪分の多い食事をとることを控え、バランスのいい食生活をおくるようにしましょう。勃起に必要な血液の流れをよくする為には、魚や納豆、きのこ、野菜をしっかり摂取するようにしましょう。

 

また男性ホルモンを作り出す為には亜鉛が必要です。牡蠣やレバー、ウナギ、ゴマ、にんにくなどを多く摂取しましょう。またこれらは滋養強壮にもいい食材です。

 

また精力UPにはおくらや山芋、モロヘイヤなどのネバネバ成分「ムチン」を摂取するといいでしょう。

運動

血行不良が大きな原因の1つであるEDは運動不足によって悪化しているケースが考えられます。特にスクワットのように下半身を強化する運動が ED には効果があると言われています。

 

また運動はストレス発散や生活習慣病にも効果があるものなので、是非日常の生活に取り込んでいきましょう。

よく寝る

人間は寝ている間にホルモンを多く分泌しています。男性ホルモンも例外ではなく22時から2時が最も多く分泌されると言われています。その間はしっかり睡眠をとっておくべきです。

 

また質の良い睡眠をとるためにも、就寝前はお腹を空にしておき、パソコンやスマホなどのブルーライトはみないように心がけましょう。このことでリラックス神経の副交感神経がしっかり働き、質のいい睡眠をとることができます。

サプリメントを飲む

EDにはサプリメントが有効ですがあくまでも補助的な摂取の仕方を心がけましょう。使用前には説明書をよみ、正しい用法用量を守るようにします。

 

またEDのサプリメントは治療薬ではありません。薬の場合は強制的に血流をあげ勃起を高めますが、サプリメントは、体の健康状態を整えて血流を良くするものです。効果が出るまでは時間がかかるものです。

1人で悩まずに病院に相談する事をおすすめします。

EDは確かに人には相談しにくいものですが、1人で悩んでいるとなかなか解決せず、そればかりか更なるストレスとなっていつまでも改善出来ないものです。病院には専門家がいて適切なアドバイスや治療を行ってくれます。EDの改善を望むのなら、専門家に1度相談して見る方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です